探さない。待つの。は正解?夢がなかった私に夢が生まれた話

初めまして。株式会社ハウスマートインターンの庄司彩乃と申します。

突然ですが、皆さんには夢がありますか?

夢は、幼稚園や小学校の頃から文集などでも書いたりしてきましたよね?でも、なぜか大人になるにつれて、夢は無くなっていきませんでしたか?

スクリーンショット 2017-05-09 22.49.18.png

子供の頃は、たくさん思い描けた将来像を、大人になると描きにくくなる理由は簡単で、現実を知ってしまうからです。

現実味を帯びて、物事を考えることは、大人になった証とも言えます。

しかし、現実は厳しいものだと知ってしまったり、自分のキャパシティをどうしても制限してしまい、夢を描きにくくなってしまうのです。

実際、学生全体で将来の夢がある人はどのくらいいるのでしょうか?

株式会社リビジェンによる調査によると、将来就こうと思っている職業が、明確になっている人は、4割以下という結果でした。スクリーンショット 2017-05-09 22.50.04.png

引用:https://prtimes.jp/

数字を見ると、夢を持てない若者がどれだけ多いのかがよくわかります。若者の6割超が、夢を持てずに生きています。

夢というと壮大な物をイメージしてしまうかもしれませんが、要はやりたいことです。
自分がやりたいこと何なのかわからない!というのは、よく考えてみると深刻な問題だと思いませんか?

====

どうも、効率的な仕事ぶり、充実した私生活、ブルゾンちえみあやのです。

スクリーンショット 2017-05-09 23.11.31

え?大学生になっても夢が見つからないけど、就活までまだ時間あるし、とりあえずバイトやサークルで充実させればいいかって思ってる?

じゃあ質問です。

人間は・・・三つ葉のクローバーに魅力を感じますか?

感じない。四つ葉のクローバーが、欲しくない?

大学生はクローバーと一緒。
就活の前に努力して、四つ葉のクローバーになることができれば、面接官は真っ先に私たちに魅力を感じてくれるはず!

====

ということです。(笑)

四つ葉のクローバーになりたくなってきましたか?

スクリーンショット 2017-05-09 23.05.28.png

じゃあ四つ葉のクローバーなんて、どうやったらなれるんだ!ってことですよね?

それは簡単なことで、他の人にはない「何か」を持てばいいのです。

それは、高校生で生徒会長して得た経験でも、部活で全国大会に行けるまで努力した経験でもいいのです。

高校生の時、受験ばかりでなんにもしてないや。という方でも、大学生になってから「何か」を得る方法があります。

その中でわたしが選んだのは、長期インターンです。

他にも留学や起業などの選択肢もありますが、私の場合は壊滅的な英語力と、四年で大学を卒業したい!という理由で留学は辞め、起業なんてものは考えにもありませんでした。

スクリーンショット 2017-05-09 23.15.47.png

「でも、長期インターンと言っても、何がしたいか決まってないから、どんな企業に行ったらいいのかわからないもんー」

という声が聞こえてきそうですが。。。
やりたい事がないから、と言って待っていたら、いつの間にか就活は始まってしまいます。

立ち止まっていたら新しい景色も見えず、やりたい事が見つからないのは当然!

「とりあえず」やってみる精神が大事!ということです。

ホントにそんなんでいいの?

いいんです!

私がインターンをしているのは、一口に言えば不動産とITを掛け合わせた企業です。

しかし正直なところ、私は不動産にもともと興味があるわけではありません。

私もインターンを始めた当初は、周りの人からこんな風に言われました。

「不動産に興味がないのに、そこでインターンしてなんのためになるの?」

人の言葉を気にしがちな私は、迷った時期もありましたが(笑)、「とりあえず」の精神で走ってみると、見えてきたものがありました。

スクリーンショット 2017-05-09 23.00.03

実際に社会の中で、働いてみると得られる知識も沢山ありましたし、スキルも磨くことができます。そこで得た経験や考え方は、全ての仕事に生かすことが出来る事に気づきました。

なんの関係もないように見える出来事も、どこかで繋がる時が来ます。

また、社会人の方にお話を聞く機会が必然的に増えるので、どのような考え方があるのか、世の中にはどんな仕事があるのか、実際に働いてみてこの業種はどうなのか、ということも聞くことができました。

このように「とりあえず」走ってみることで、立ち止まって待っていた時には見えなかった景色が、見えてくるのです。

それは必ずやりたい事を、夢を、見つける第1歩になります。

私は今、この長期インターンを通して、やっと自分のやりたい事を見つけかけています。

今はその少しの光が、本当に自分に合っているのか、それでいいのだろうか、という所を様々な方にお話を聞きながら考えています。

そして、そのやりたいことは今のインターン先とは全く異なる業種です。

スクリーンショット 2017-05-09 23.22.59.png

しかし、この夢を見つけるきっかけは、インターンという形で自ら動かなければ、社員さんやお話を聞いた方と出会えなければ、生まれることは無かったと思います。

インターンをして、考え方が変わり、様々な方とお話をしたからこそ得られたことです。

「とりあえず」走ってみた事が、無駄ではなかった、無駄なことなど一つもなかった、と思えました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中