コイキングを見ていて思うこと

コイキングを見ていて思うこと

みなさま、はじめまして。インターン生の薬師寺です。

皆さんがすごく「かっこいい!」と思うような内容を書いている中、このようなことを書くのは大変恐縮なのですが、今回は懐かしのポケモン、その中でもあるポケモンに焦点をあてて書きたいと思います。

 

 僕が注目するポケモン

僕が注目しているポケモンはコイキングです。いきなりコイキングに注目していると言われても、「コイキングとは何ぞや!」という感じだと思いますので軽くコイキングについてご紹介したいと思います。

コイキングは、その名の通り、コイのような姿をしたポケモンになります。

本当ならここでいろいろ書くのもありかなとは思ったんですが、YouTubeにはコイキングのことが端的にまとめられている歌があるので、それをお聞きになってもらうのが一番早いかと思います。

 

ポケモンのゲーム内におけるコイキングの立ち位置

お聞きになってもらった方や、以前ポケモンのゲームをしたことがあるという方はおわかりになると思うのですが、コイキングの一般的な評価としては、弱い、使えない、育てるのが大変などなど、大変悲惨なものです。。。

しかし、そんなコイキングが最近注目を集めている。

たとえば…「コイキングのうた」があげられます。先ほどのリンク先の歌ですね。

さらに、その歌の再生回数が伸びてきたころ、その歌から派生して「くりこ庵」というたい焼き屋さんのチェーン店でコイキング焼きというものが売られるようになったのです!

コイキング焼き

このような見た目ですが、中身は普通のたい焼きです(普通においしかったです)

そんな快進撃を続けるコイキング。その集大成ともいうべきものが最近ついに登場しました。

それが「はねろ!コイキング」というゲームアプリです。

はねろコイキング

このゲーム、特に頭も使わず、エサと特訓というものでコイキングを育て、リーグでコイキングをはねさせて、その高さを競うというゲームです。そして、その操作は画面をタップするだけですべてが済んでしまうという、このスマホゲームが進化している現代においてはあまり考えられないレベルのシンプルさです。

これだけを聞くとあまり面白いゲームではないように聞こえるのですが、なんと全世界でダウンロード数が1000万ダウンロードを超えたのです!

なぜコイキングはここまで成り上がることができたのか

このことからもわかるように、ゲーム内での立ち位置と比較してもコイキングの評価は全く違うものになっていると思います。

それは、コイキングに対するマイナスイメージを逆手に取る戦略にあったと思っています。

  • 弱いなら無理に強くなろうとせずに、弱いままで勝つ
  • そのために、自分が勝てるフィールドを作り出す
  • 跳ねることしかできないなら、跳ねることだけに特化していく

⇒「はねろ!コイキング」のアプリがその象徴として表れています。

確かに、今までただの弱いやつとしてしか見られてなかった人が、いきなり注目を浴びだすと気になりますものね。

こういった点にコイキングが成り上がる秘訣があったのではないかと思います。

実際の世界でも、自らの弱点を誰かのせいにしたりせず、逆手にとってアピールポイントにして、自分が勝てるフィールドを作り出すことができるような人になっていきたいなとコイキングを見て思いましたね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中