通勤時間20分から通勤時間1時間15分の家に引っ越した理由

こんばんは。9月に入り肌寒く感じられてきましたね。良き季節です。

私事ですが、9月に入ったと同時に引っ越しました。一年半住んでいた高田馬場から、埼玉県の所沢に引っ越しました。お陰で通勤時間がバク上がりです。以前は20分ほどあればオフィスに到着したのに今は1時間以上余裕でかかります。なかなかの距離です。

ぼくはこの長さの通勤時間は初めてではありません。高校時代も、上京してから初の一人暮らしを始めた時も若干の差はあれど、同じくらいの通学時間を要した生活を送っていました。

こう言うと「なにゆえそんな遠いところに住むんだ」「通勤時間に寝たいだけだろう」「ただの通勤ジャンキーじゃねぇか」という声が聞こえてきそうです。ですが、今回改めて長時間の通勤時間を選択したのは理由があります。単純に家賃が安いという理由だけではありません。

家賃が安いというのも理由ではありますが、一番の理由は読書時間を確保するためでした。というのも通勤時間が短った時はすぐに目的地についてしまい、移動中に読書をする時間がとれませんでした。当然のことではありますが。。

家などではあまり集中して本が読めない僕にとってはこの通勤時間がとても大事。先日は幻冬舎の見城社長とサイバーエージェントの藤田社長の共著である「憂鬱でなければ、仕事じゃない」を読みました。「ここまでやるか」という徹底した仕事っぷりにただただ圧倒されました。。。→「憂鬱でなければ、仕事じゃない」

本を読む時間を無理やり作った話でした。ちなみに家賃が安いという理由で選んだ所沢ですが交通費がバカにならず家賃を若干上げても近くに住んだほうが安上がりになるということがわかりました。少し後悔しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中