大学一年がインターン2ヶ月目で学んだこと

初めまして。初めての登場の齋藤友宏です。インターンを初めて約2ヶ月が経ちました。これまでのインターン活動から学んだことをいくつかまとめたいと思います。

1.どんな仕事でも楽しめる人が強い70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s.jpg

Housmartでやっているインターン活動の中心としてwebマーケティング あります。Webマーケティング と聞くと華やかなイメージがある人もいるかもしれませんが、全てがそうではありません。

以外と地道な努力が必要な業務も多く、パソコンを今までいじった経験がない自分にとっては大変です。単調な仕事もあります。

でもそんな時こそ、どうしたらこの記事が多くの人に役に立つだろうか、みてもらえるだろうかを考え続け、自分なりの付加価値をつけようとすると仕事は単調にはなりません。

自分なりの付加価値をつけるとそれだけ良いものができ、褒められます。そうするとまた良いものが作りたいと思うようになり好循環が生まれ、仕事が楽しくなるのです。

自分はこの好循環を生み出すために日々戦ってます。

2.  仕事ができる人はメールのレスポンスが早い

4a6872d6f59f80e23aec32b1c42e374b_s.jpg

必要な連絡をしたい時レスポンスが早く帰ってくる人とそうでない人には、仕事の進行度が全く違ってきます。

また感覚的にもメールの返信が早いほうが業務のスピード感も早く感じます。一見するととても簡単なことだとは思いますが以外とできてない人も多いのではないでしょうか。

数秒あれば返信できるものを「いまは忙しいからあとで返信しよう」としてしまう人が多い気がします。自分は仕事以外の時でもなるべく早く返信するように心がけています。

 3.目的を見据えて仕事を効率化する7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_s.jpg

今自分がしている業務は何につながるのかを意識していると重要な部分が見えてきます。何に時間をかけるべきかがわかるようになります。

仕事を効率化するためには時間を省略できるところをいかに見つけるかだと思ってます。例えば記事を書く際にはあらかじめ構成をテンプレート化して書きやすくすることもできますし、編集の際には手順をあらかじめ書き出しておくことでスムーズに業務を遂行することができます。逆に重視するべきところには時間を多く使うことが重要です。

どうしたらこの記事に自分なりの付加価値をつけることができるか、アフィリエイトではどのような記事の構成にしたら商品を買ってくれるだろうかなど、目的に重大な影響を与える業務に関しては時間をかけることを意識しています。

4.スタートアップ企業の雰囲気を知ることができた61a7e72ad016431a89969392fd518b37_s.jpg

一年前まで高校生だった僕にとって会社で働くとはどうゆうことなのか全く知りませんでした。インターンを始めて2ヶ月経った今思うことは「働きやすい!」です。

インターンの先輩は自分から聞けば色々優しく教えてくれますし、社員の方々も同様に優しいです。インターンを通して会社で働くことを体感しました。

会社で働くのが怖いと思う僕と同世代の人は少なくないはずです。そんな人は学生のうちからインターンをしてみて、実際に体感してみてはいかがでしょうか。自分の将来を考える良いきっかけになると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中