平田知子さん:紹介インタビュー

18597147_1509673535773909_1449482640_o1)なぜ、Housmartの長期インターンに参加しようと思ったのですか?


大学で都市開発や都市政策を学んでいることもあり、もともと不動産業界に興味がありました。また、友達がインターンを始めたのをきっかけに興味を持つようになり、どこかで不動産業のインターンできないか探していたときに、先輩にHousmartを紹介していただきました。

実際にオフィスを訪れて、代表やインターン生の先輩が楽しそうに働いているのを見て、わたしもここで働いてみたいと思いました。

2)インターン期間中で学んだことは何ですか?


目的を意識しながら作業することの大切さです。インターンでは、自社メディアの運営を中心に行っていますが、記事の編集など地道な作業も多くあります。

それらに取り組むときも、どうやったら読者の目に止まるか、他の記事も読んでもらえるか考えながらすることが、仕事をただのルーティンではなく向上性のあるものにしてくれると感じています。

また、メンタ―の方が、キャリアの相談に乗ってくれたり、勉強になる記事を紹介したりしてくださり、大学では得ることのできなかった刺激を受けました。それまで曖昧にしてきた「どういう職場で働きたいのか」「どういう仕事をしたいのか」について、初めて向き合う機会を得ることができました。

18596689_1509673532440576_471434448_o

3)インターンに参加していてHousmartはどんな会社だと思いますか?


インターン生と代表、社員の方との距離が非常に近い会社だと思います。取り組んでみたいことがあれば、気軽に相談できますし真剣に向き合ってもらえます。

わたしは、都市開発などに興味があり、現在では地域紹介の記事に関して扱わせていただいています。そのように、自分のやりたいことを仕事のなかで活かすことのできる場所です。

4)今後の目標(将来の夢)を教えてください。


都市開発業に携わり、暮らしやすく安心して住むことのできる街を作ることです。

大学で学んでいることに併せて、インターンで学んだ具体的な不動産知識、自分で取材した地域の特色を生かして、単なるコンクリートジャングルの量産でない都市開発を行っていきたいと考えています。

18641605_1509673539107242_1215850715_o

5)最後にこれからインターンを考えている方々へメッセージをお願いします。


インターンって難しそう、不動産の知識なんてない、という方でも、このインターンには参加できます。長期インターンでは、1day、1weekでは取り組むことのできない長期的な課題に挑戦できます。ぜひ一緒に働いてみましょう!

平田 知子 -Tomoko Hirata-

一橋大学 社会学部 社会学科 3年生
ライフスタイルメディア「マンションジャーナル」編集部で、地域紹介の記事編集、作成を担当。

オススメの街:考え中(笑)
働いてみたい企業:まだ決まってません!